オンライン献金もできるようにしました!(4/6)

【準備1】WordPress でホームページを作る前に、単語を10個覚えてください

こんにちは、上坂栄太です。

 

架空教会テンプレートはWordPress で作られています。

そのためテンプレートを使う方は、ウェブサイトやWordPressの基本単語を覚えていただく必要があります。

ホームページ作成に慣れている方は知っている単語と思いますが、初めてサイトを作る方は必ず覚えてください。

 

らび先生
らび先生

最初に覚えておかないと、あとあと混乱して投げ出したくなります。

 

必ず覚えて欲しい単語10個

 

① ユーザー

まず最初に覚えて欲しい単語は、「ユーザー」です。

教会ホームページのユーザー(利用者)は明確ですか?

誰のためのサイトか、ユーザーが決まっていなければウェブサイトは作れません。

 

教会ホームページを作るうえで、こんなユーザー像を聞きました。

K教会
K教会

想定しているユーザーは地域のクリスチャンではない人です。

クリスマス会のチラシバザーのチラシを見た人が「この教会ってどんなところだろう」と調べてくれたらいいな。

S教会
S教会

想定しているユーザーはクリスチャンではない人です。

ただ、1ページは教会員向けのページにして、礼拝メッセージや教会員向けお知らせを載せたいです。

A教会
A教会

想定ユーザーは教会員です。

高齢化も進み、入院や遠方のために教会に来れない人が増えてきました。

説教メッセージ、週報、意見交換のための掲示板、オンライン献金をホームページに載せたいです。

S教会
S教会

私たちの教会は海外の宣教チームの開拓教会で、海外の宣教チームが見ることを想定する必要があります。

英語でも発信して、宣教チームの人にも見てもらい、海外からのカード献金もできるようにしたいです。

ユーザー像はわかりません。作ってから考えるのでもいいですか?

 

ユーザー像に正解や間違いはありません。ただし、それぞれのユーザーにとって見やすいサイトを制作をする必要があります。

 

POINT

架空教会01、02、03は「キリスト教徒ではない方」を想定し、キリスト教専門用語はできるだけ入れないようにしました。

 

ユーザー像がもっと明確な教会から

F教会
F教会

想定しているユーザーは、線路より南の地域の方です。

この地域の方たちが教会に来やすくなるように教会案内やチラシを配りたいと考えています。どんなサイトにしたらいいでしょうか?

という相談をいただいたこともありました。

参考:ペルソナマーケティングが5分で理解できる!【日本企業の厳選事例6選】

 

② ワードプレス(WordPress)

WordPress は CMS(Content Management System)の中で、もっとも使われているサービスです。

POINT

日本のCMSで制作されたサイトの80%はWordPress で作られています。

世界中の全サイトの30%はWordPress で作られています。

 

他にはWix、Jimdo、Dreamweaver などがありますが、WordPress が圧倒的多数。

ちなみに、アメリカのホワイトハウスのホームページもWordPressでした。

ちなみ”Wordpress”ではなく、”P” は大文字で”WordPress”になります。

 

参考:【圧倒的なWordPressシェア】世界と日本で有名なCMSシェアを徹底比較!

参考:CMSを比較 | 世界シェアから見るおすすめツール紹介・導入前に検討すべきこと

 

③ サーバー

WordPress のサイトには、サーバーが必要です。

様々なサーバー屋さんがあり、法人用、個人用、機能や値段もピンキリです。

サーバーはインターネット上の「土地」に例えられます。

詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

教会のドメイン・サーバーを検討している方へ

 

架空教会は、年間12,000円のサーバーを使っています。

「架空教会」の制作にかかった金額と、年間維持費について

 

④ ドメイン

ドメインとは、簡単に例えるならインターネット上の「住所」のことです。

ドメインとは「kakuu01.kyoukai.jp」や「kyouichi.lampmate.jp」のように、「アドレスバーに出てくるアルファベット / URLのこと」といったイメージです。

詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

教会のドメイン・サーバーを検討している方へ

 

⑤ ヘッダーのメニュー

ヘッダーのメニューとは、画像の赤枠で囲われている箇所のことを指しています。

正式名は「グローバルメニュー」や「グローバルナビゲーション」と言われますが、初心者の方には分かりにくいかなと思ったので、簡易的に「ヘッダーにあるメニュー」という説明をしています。

ヘッダーのメニューの内容が決まった後は、大きく変更することはないと思います。そのため使用頻度は高くありませんが、最初に検討する項目の一つのため、覚えておいてください。

 

⑥ フッター

フッターとは、画像の赤枠で囲われている箇所のことを指します。

例えば架空教会01のフッターは縦3列で構成され、「メニュー」「Twitter枠」「アクセス」「掲示板枠」「ホームページ制作」を載せています。

このフッターの中身やデザインも変更することができます。

掲示板枠については、以下の記事をご確認ください。

架空教会のフッターにある「掲示板枠」の確認をお願いします

 

⑦ サイドバー

サイドバーとは、画像の赤枠で囲われている箇所のことを指します。

サイドバーは、デスクトップの画面サイズで右側に表示されます。(スマホ画面では本文の一番下に表示されます)

例えば架空教会03のサイドバーは「最近のお知らせ」「お知らせ一覧を見る」「スクロールに追いかけてくる目次」を載せています。→架空教会03の例を見る

 

サイドバーは、左右や中身やデザインを変更することもできます。サイドバーを使っていない教会もありますし、説教一覧のアーカイブを載せたいという教会もありました。

希望がありましたら教えてください。

 

⑧ プラグイン

プラグインとは、「WordPressの基本のシステムに機能拡張ができるもの」と覚えて頂ければと思います。

例えばWordPressのデフォルトの機能には「お問い合わせフォーム」や「オンライン決済」の仕組みはありませんが、プラグインによって機能を拡張させています。

 

注意

非公式プラグインは絶対にインストールしないでください。非公式プラグインのほとんどが悪意のあるプログラムが仕込まれています。

どうしてもインストールしたい場合は企画チームにご連絡ください。セキュリティのチェックをします。

セキュリティのチェックをせずに悪意あるプログラムの仕込まれたプラグインをインストールした場合、超教派共有サーバーを使っているキリスト教団体に迷惑をかかるだけでなく、同じサーバーを使っている一般ユーザーにも影響が出る場合があります。

 

また、架空教会はセキュリティ強化のために、セキュリティ対策プラグインを入れています。プラグインを停止または削除する際は必ずご連絡ください。

 

⑨ テーマ

テーマとは、「WordPressを使いやすくするためのデザインのテンプレート」と覚えて頂ければと思います。

例えば、ショッピングサイト向けテーマ、企業向けテーマ、個人ブログ向けテーマ、など様々な種類があり、高いものだと1サイトで5万円のテーマもあります。架空教会01と03も有料のテーマを使っています。

 

注意

※非公式テーマを使いたい場合は、インストールの前に必ず企画チームに連絡をお願いします。セキュリティのチェックをします。

非公式無料テーマのほとんどに悪意のあるプログラムが仕込まれています。

セキュリティのチェックをせずに悪意あるプログラムの仕込まれたテーマを使った場合、超教派共有サーバーを使っているキリスト教団体に迷惑をかかるだけでなく、同じサーバーを使っている一般ユーザーにも影響が出る場合があります。

 

⑩固定ページと投稿

タイトルで単語10個と言いながら、11項目になってしまいました…

固定ページとは、WordPressで記事を書く際に、「ホーム」「ごあいさつ」「お問い合わせ」などの骨格となるような変動の少ない内容を書くときに使う場所です。

 

投稿とは、WordPressで記事を書く際に、ブログ投稿などで使う場所です。教会では、説教メッセージ、牧師のブログ、お知らせ、などが該当すると思います。

「説教メッセージのカテゴリー」「お知らせのカテゴリー」といったカテゴリー分けができます。

 

架空教会01は(ほぼ)固定ページで構成されています。

架空教会02と03は固定ページと投稿ページで構成されています。

架空教会テンプレートを使って文章や写真を差し替えていく作業は、固定ページを使うことになります。

固定ページが整ったのちに、説教メッセージやお知らせを加えたい場合は投稿を使ってみてください。

 

余力がある方は

「もっと覚えられるよ!」と言う方は、こちらの記事も併せてご覧ください。

WordPress初心者がまとめた!最初に知りたい専門用語18選

ここに入れるか未定

ここに入れるか未定