オンライン献金もできるようにしました!(4/6)

【Custom Twitter Feeds】カスタムツイッターフィード使い方〜無料版&有料版〜

ここではプラグイン「Custom Twitter Feeds」(カスタムツイッターフィード/カスタムツイッターフィーズ)の使い方を説明します。

無料でできること

特定のタイムライン埋め込み

カスタムHTML
[custom-twitter-feeds screenname="LampMate"]

「LampMate」の部分に『ユーザーアカウント名/ Twitterハンドルネーム』を入力します。このコードを「段落」もしくは「カスタムHTML」もしくは「ショートコード」ブロックに貼り付けます。これにより、ユーザーのタイムラインフィードが生成されます。(半角カンマを使用して複数のスクリーン名を区切れます。)

▼一つのアカウントタイムライン埋め込み例

もっと見る

▼二つのアカウントタイムライン埋め込み例(半角カンマを利用)

もっと見る

※無料版では「画像」「動画」などのメディアは反映されません。
※有料版でも「アンケート」は表示されません。(問い合わせ予定)

https://kyouichi.lampmate.jp/wp-content/uploads/2019/06/rabi-300x300.png
らび先生

1つのアカウントのタイムライン埋め込みは、Twitter社デフォルト機能でも可能です。でもCustom Twitter Feedsを使うとキーワードがGoogle検索に反映されるようです。(アナリティクスにて実感済み)

https://kyouichi.lampmate.jp/wp-content/uploads/2019/06/rabi-300x300.png
らび先生

教会関係であれば(私たちは教会向けに提供しています)、

#ハッシュタグ タイムライン埋め込み

カスタムHTML
[custom-twitter-feeds hashtag="#銀河英雄伝説"]

「#銀河英雄伝説」の部分に、好きなハッシュタグを入力します。これによりそのハッシュタグフィードが生成されます。#は半角でも全角でも問題ないようです。(半角カンマを使用して複数のハッシュタグを区切れます。)

▼1つのハッシュタグに関するタイムライン埋め込み例(ここでは#銀河英雄伝説)

もっと見る

▼2つのハッシュタグに関するタイムライン埋め込み例(ここでは#銀河英雄伝説,#銀の匙)

もっと見る

※無料版では「画像」「動画」などのメディアは反映されません。
※有料版でも「アンケート」は表示されません。(問い合わせ予定)


https://kyouichi.lampmate.jp/wp-content/uploads/2019/06/rabi-300x300.png
らび先生

ハッシュタグタイムライン埋め込みをコード一つでできるのは助かりますね。競合に勝てないキーワードがあったら使ってみてはいかがでしょう?

有料でできること

任意の検索用語。複雑なフィードには「OR」または「AND」を使用できます。

「〇〇」か「▲▲」のTwitter検索タイムライン埋め込み

カスタムHTML
 [custom-twitter-feeds search="#上馬キリスト教会 OR @中村光"] 

▼「#上馬キリスト教会」OR 「中村光」のTweet埋め込み


※ハッシュタグ2つ検索、つまり「#上馬キリスト教会」OR 「#中村光」という検索もOK
※単語2つ検索、つまり「@上馬キリスト教会」OR「@中村光」という検索もOK

「〇〇 ▲▲」のTwitter検索タイムライン埋め込み

例えば「マスタング ホークアイ」のTwitter検索タイムラインの表示はこのコードです。

カスタムHTML
 [custom-twitter-feeds search="@マスタング AND @ホークアイ"] 

※片方がハッシュタグの検索も可。つまり「#マスタング ホークアイ」という検索も。
※ハッシュタグ2つ検索も可。つまり「#マスタング #ホークアイ」という検索も。

カスタムHTML
 [custom-twitter-feeds search="#上馬キリスト教会 AND @中村光"] 

もっとややこしいこともできるから随時追加していく所存

CSSでの装飾方法

フッターやサイドバーに入れる場合

CSSに追加する

外観 > テーマエディター > 子テーマのCSSに、以下のコードを貼り付ける。(または、カスタマイザーの「追加CSS」に貼り付ける)

/* --- Twitter埋め込み枠(フッター用) --- */
.twitter-wrap-2 {
	width: 100%;
	margin: auto;
	border-top: 4px solid #08873A;
	border-bottom: 4px solid #08873A;
	box-shadow: 0px 2px 2px rgba(0, 0, 0, .4);
}
フッターに追加

外観 > ウィジット > フッター(またはサイドバー)などに、カスタムHTMLのボックスを挿入し以下のコードを貼り付ける。

<div class="twitter-wrap-2">
もっと見る
</div>
実際の表示を確認する

更新して、実際に反映しているか確認してください。

微調整する

ね、簡単でしょ?

 

本文中に入れる場合

CSSに追加する

外観 > テーマエディター > 子テーマのCSSに、以下のコードを貼り付ける。(または、カスタマイザーの「追加CSS」に貼り付ける)

/* --- 本文中のCustom Twitter Feeds をdivで囲って装飾 --- */
.twitter-wrap {
	width: 90%;
	margin: 40px 0px 40px 10px ;
	border-top: 5px solid #2d4484;
	border-bottom: 5px solid #2d4484;
	box-shadow: 0px 2px 2px rgba(0, 0, 0, .4);
}
.twitter-wrap p{
	border: none;
	font-size: 16px;
	font-weight:bold;
	padding: 7px;
	margin: 5px 0 5px 20px ;
	color: #808080;
	background-color: #fff;
}
@media (min-width: 768px) {
	.twitter-wrap {
		width: 60%;
	}
}

本文に追加

本文に、カスタムHTMLやショートコードや段落ブロックで挿入

<div class="twitter-wrap">
もっと見る
</div>

実際の表示を確認する

更新して、実際に反映しているか確認してください。

あとは気が済むまで埋め込む

ね、簡単でしょ?

1サイト→49ドル(約 ¥5500~)1年アップデート&サポート

5サイト→89ドル (1年後アップデート&サポート)

Unlimited →139ドル ()

Unlimited+LifeTime→139ドル+249=388ドル(約4万2千6百円)

ーーーーーーー